愛知県名古屋・岡崎市の家のリフォーム・改修なら|中野商店

プロが実際に使用してみて
その中から厳選!
当社のオンラインショップ!

TEL:0120-588-581

中野商店WEBチラシ

介護向けリフォームを行う前の注意すべきこと

事故を予防するために欠かせないバリアフリーはまずはトイレから始めませんか。トイレは狭い空間であり、事故が起きた時にすぐに気付きにくい場所です。そのため、まずはトイレからバリアフリーをすることをおすすめします。

バリアフリー

古そこで、どんなところからバリアフリーを行えばいいのか迷うという方が多いのではないでしょうか。
なかには将来を想定して、どんどんバリアフリー化を進める方もいらっしゃるかもしれません。しかし、本当に必要な時にならないと分からないことも多いのです。

例えば、現在右利きだから右手で握れる手すりを付けたとしても、実際にそれが必要なものになるとは限らないのです。本当に手すりが必要になった時、右手の握力が弱い、使えない状態になっていることもあるのです。手すりの位置はその時の体の状態によって、位置や高さ、向きなどが変わってしまいます。また、手すりを付けてしまったが、車椅子を使うことになったため狭くて通りにくくなってしまったというケースもあるので、注意が必要です。

これらを踏まえ、将来のためのバリアフリーは、下準備程度までにしておきましょう。 トイレリフォームをする際には、タンクレストイレをおすすめします。タンクレストイレは室内空間を広くとれることがメリットです。室内空間が広くなることで、手洗い場を設置したり、後から手すりを付けても狭く感じさせません。
そして、転倒の原因となる段差をなくしてフラットな状態にしておきましょう。滑りにくい床材にしたり、ハンガードアにして出入り口を広くとるなど思い切ってまとめてリフォームをすれば料金面でもお得になります。

弊社では、岡崎市でトイレリフォームを行っております。温水洗浄便座を設置したい、トイレのバリアフリー化、将来バリアフリーにすることを想定したトイレリフォームを行う際にはぜひ弊社にお任せください。他にどんなリフォームが行えるのか気になる方はぜひお気軽にお問い合わせください。

家のリフォーム・修理・点検

中野商店について

リフォーム/修理/点検

トイレのリフォーム

壁・床

施工事例

イチオシプライス

  • お問い合わせ
  • 中野商店のイチオシ
  • 生活を楽しむエクステリアとガーデニング
  • ストレスを軽減させる壁は珪藻土
  • 介護リフォーム

ページトップへ戻る