愛知県名古屋・岡崎市の家のリフォーム・改修なら|中野商店

プロが実際に使用してみて
その中から厳選!
当社のオンラインショップ!

TEL:0120-588-581

中野商店WEBチラシ

珪藻土の魅力について

外珪藻土とは、藻類の一種の珪藻が石化したもので、室内の湿気を調節する調湿効果、そして、消臭、断熱など様々な効果をもたらしてくれる素晴しい素材です。 そんな珪藻土の魅力について触れてみたいと思います。

珪藻土を塗る前の下地確認と補修

● リフォームにも最適

珪藻土は多様な仕上げ方法があり、和室から洋室、トイレやお風呂まで対応しています。
珪藻土を、部屋の壁・タイルに塗ることにより、急激な湿度変化を抑制します。
また、トイレで発生するアンモニアなどの悪臭物質・有害物質を吸収し、室内空間をクリーンに保つ働きがあります。さらに、珪藻土は熱伝導率が低く、断熱機能が高いため、夏は涼しく冬は暖かく、気候や住宅環境に適した素材です。

● カビやダニの発生を防ぐ

夏の暑さ、冬の寒さへの対策として、近年では住まいの高気密・高断熱化が進んでおります。しかし、厄介なことに快適な反面、空気が留まりやすく湿気の原因となってしまいます。その結果、カビ・ダニや結露の発生に繋がります。
しかし、珪藻土は水分を吸収できる機能が高いため壁面や窓ガラスに結露が発生しにくく、カビやダニの発生を防いでくれます。アレルギーをお持ちのお子さまやご高齢の方がいるご家庭におすすめの素材です。

発がん性との関係

多くの方が珪藻土に発がん性の成分が含まれていると思われているのではないでしょうか。
珪藻土は発がん性物質ではありません。
珪藻土にはシリカという成分が含まれており、その種類は大きく分けて2つに分類されます。
それが、「結晶性シリカ」と「非結晶性シリカ」です。
結晶性シリカであれば、発がん性物質に含まれますが、珪藻土の全て(未焼成品及び融剤添加焼成品)は非結晶性シリカに分類されています。
さらに、IARC(国際ガン研究機関)の調査では非結晶性シリカを『人に対する発ガン性について分類できない作用物質』と位置づけています。

気候・住宅環境に適した珪藻土を家のリフォームに取り入れてみませんか。
弊社では、キッチンやトイレ、リビングなど、あらゆる部分のリフォームを行っております。珪藻土を使用しておりますので、アレルギーやアトピー、喘息の症状でお悩みの方にも安心のリフォームです。
リフォームをご検討中であれば是非弊社にご依頼ください。

ページトップへ戻る