愛知県名古屋・岡崎市の家のリフォーム・改修なら|中野商店

プロが実際に使用してみて
その中から厳選!
当社のオンラインショップ!

TEL:0120-588-581

中野商店WEBチラシ

耐震リフォームが必要な家とは

日本はとても地震が多い国なので、建物の耐震性が非常に重要です。阪神大震災や東日本大震災以降、家の耐震性に不安を抱いている方が増えているのではないでしょうか?ここでは、耐震リフォームが必要な家の特徴を紹介します

軟弱地盤の土地にある家

大きな川の近くにある土地や、沼や田んぼを埋め立てた土地、埋立地などは、粘土や砂が多い地盤のため、地盤が軟弱です。軟弱地盤の土地は地震が起きると地面が大きく揺れ、液状化現象が起こる危険性があります。

基礎工事がしっかりできていない家は、地震が起きなくても地盤が家の重さに耐え切れず、床が傾いてしまうこともあります。低地にある土地や水はけの悪い土地は、軟弱地盤の可能性があるので、一度地盤調査をしてみてください。

1981年(昭和56)6月以前に着工された木造住宅

この時期に着工された木造住宅については木造住宅無料耐震診断が受けられ、補強工事を行った場合には補助金が支給されます。これ以降の木造住宅については新耐震基準に適合しています。
古い家の土台は、雨水が侵入して腐食していたり、シロアリに食べられてもろくなっていたりするので、耐震リフォームが必要です。土台は大きな家を支えている大切な部分なので、そこがもろくなると地震が起きたときに家が倒壊する可能性が高いのです。
築年数の経過した家に住んでいる方は、耐震診断を受けて基礎や壁の耐震性を確認してみましょう。外壁塗装が劣化している家はシロアリが侵入しやすくなるので、定期的に外壁塗装をすることをおすすめします。

バランスが悪い構造の家

こ2階部分だけが飛び出しているようなオーバーハングした家や、大きなはねだしがある家は地震の揺れで1階部分が2階の重さに耐え切れなくなり、バランスを崩して倒壊することがあります。建物のデザインにこだわって複雑なデザインにすると、バランスを取ることが難しくなるので、複雑な構造の家は倒壊する危険性が高いようです。この場合は耐震補強を施します。

増築で2階を作った家

こ部屋数を増やすために、もともと平屋だった家を増築して2階を作ることがありますが、平屋と2階建ての家では基礎や土台の作りが違うため、重さに耐え切れなくなって1階が潰れてしまう可能性があります。中古住宅を購入して住んでいる方は、過去に増改築されていないか確認するようにしましょう。

上記の特徴に一つでも当てはまる家は、耐震リフォームが必要な可能性が高いです。岡崎市で耐震リフォームをするなら、弊社へお任せください。

弊社では、水回りや床のリフォームや、耐震リフォームを行っています。リフォームの料金について知りたい方や、リフォームの内容について詳しく知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください。

リフォームなら中野商店へ

中野商店について

リフォーム/修理/点検

トイレのリフォーム

壁・床

施工事例

イチオシプライス

  • お問い合わせ
  • 中野商店のイチオシ
  • 生活を楽しむエクステリアとガーデニング
  • ストレスを軽減させる壁は珪藻土
  • 介護リフォーム

ページトップへ戻る