愛知県名古屋・岡崎市の家のリフォーム・改修なら|中野商店

プロが実際に使用してみて
その中から厳選!
当社のオンラインショップ!

TEL:0120-588-581

中野商店WEBチラシ

店舗のトイレのリフォーム(和式から洋式へ)

⇒ 老朽化の進んだトイレは根こそぎ傷んでいる

店舗のトイレは基本がガタガタ

店舗のリフォームは画一的に仕上げてからがスタート

店舗のリフォームは例えば和式から洋式へ変更するタイプの要望が最も多い中で、施主さんからは多くの改良したい箇所が溢れて出てきます。ここで急ぎすぎると失敗します。多くの要望を訊きだしてから、それを実現できる壁と床を用意しなければなりませんが、先ずは現場調査からです。床や壁の縦方向や横方向に傾きや不陸が無いか、タイルの剥がれ浮きはどうか、シロアリ被害はどうかを調査します。

タンクレスが収まる有効スペースとは?

電源と給水管と排水管は床や壁の下で隠ぺいされるべきものです。隠ぺいするには、壁や床の下地構造を弄ることになりますので、まずどこに手洗いを設置し、便器はここ、という具合に配置を考慮します。

そこで、以下図を提示します。便器には最低必要なスペースのサイズというのがあります。ここをクリヤーしなければ配置の構想は無駄になってしまいます。

タンクレスの最低必要なスペース

アラウーノSの場合、必要スペースは800mm(幅)×1200mm(奥行)が必要です。上図は0.38坪(950mm×1322mm)を想定、このサイズであれば150mmのカウンターなら置けそうです。そこで次をご覧ください。

給水管と排水管

給水管と排水管はそれぞれ機器に対して壁の中から出ていたり床の下に収まっていたりで、いずれにしましても、その機器の配置が変更されるとそれぞれ切り回しが必要です。ところが、次をご覧ください。

アラウーノシリーズの手洗い付きカウンターは工事不要

トイレのカウンター

150mm幅のカウンターを置くと、こうなります。見事に手洗いまでもがコンパクトに収まります。しかも、このタイプの手洗いは、給水と排水をアラウーノSで賄いますので、工事が不要です。(※この組み合わせはアラウーノシリーズのみ可能です。)

壁や床の不陸や垂直度の問題

さて多くの店舗では、手洗いの上に大きく鏡を配置し、手洗い部分にはキャビネットを配するという意向が多い。この場合は、手洗い用に給水管と排水管を切り回してやる必要があります。特に傾向として、旧来ありがちな間仕切りを取っ払い、大きなスペースを確保した上でこれをやりたい。そしてキャビネットを設置する。

不陸のある壁
GL工法

ここまで進展してくると、壁の垂直度が問題になってくる場合があります。それは、ドアを交換したいとか、キャビネットを配置したい、という場合に出てきます。旧来の壁の佇まいは多少に係わらず垂直度を損ねていることが殆どです。「壁はこのままでいいから」という具合でやってしまったとしたら、ドアの枠は傾いてドア交換が不可能、キャビネットと壁は大きく隙間が空いてしまうかもしれません。そういう場合は、GL工法(上図)を用いて壁の垂直度を補正します。また、軽度の不陸であれば直接メラミン化粧版などを貼ることが可能です。

  • タイルの上に直接アイカのセラールを貼る場合の最大不陸は5mm未満
  • 下地作成は薄塗りできるモルタルで不陸調整を行う
  • または6mm以上のケイカル板、または9mm以上のラワン板で下地を作成
  • タイルの打診検査を行い、モルタルの充填または全面打設を行う
  • 浮きのあるタイルにはエポキシ樹脂を注入して剥離防止

トイレのような小さな空間には照明が効果的

効果的な照明

壁に目が行きがちですが、実は効果的な照明が空間の雰囲気を左右します。高価な照明器具ではなくとも、どこにどのタイプの照明を配置するかで効果は変わります。日頃から照明のスクラップを貯めておくとリフォームの時に役に立ちます。

シロアリ対策

シロアリ

古い店舗のトイレはシロアリの被害が目立ちます。写真は柱がボロボロになってしまっています。弊社ではシロアリ防除施工を実施して5年間保証を付けています。

上記以外に、店舗に関しては営業を続けながら施工するというスケジュールが考えられます。または、営業が終わってからという時間帯の施工スケジュールも考えられます。その場合重要になってくるのが養生です。また、仮設トイレを用意する場合もあります。この辺りのことは、ご相談ください。

トイレのリフォーム大特集

ページトップへ戻る